Board member 三塚 宏也

mslash border member interview

M.SLASH センター南のディレクターで、M.D.F. BEAUTY COLLEGEの講師でもある三塚宏也さん。サロンワークと講師の両立は大変だけど楽しいと話してくれた彼の、今後の目標と夢について聞いてみた。

Director
三塚 宏也 ー Kouya Mitsuduka
出身校:埼玉理容美容専門学校

コミュニケーションを普段から大事にする

教育の際に重視していることは、お互いプロとして接するということです。同じ美容師ということで目線を合わせるというか。プロ意識をお互いに忘れないようにということを伝えていきたいですね。M.SLASHでどんな美容師になるのか、どんなことに携わりたいのかを考えられるような、先を見せられるような教育を行えればと思います。会社の未来を作れる人材を育てていきたいですね。もちろん一番は美容を楽しむことを忘れないで欲しい。美容師になった当初の夢を、軸をずっと忘れないで欲しいです。そのためにも普段からコミュニケーションをとることを大事にしています。相手から、ではなく自分から相手の考えていることを見つけにいく。人って自分から開かないと相手も開いてくれないと思うから。そしてどんな生徒に対しても、絶対味方でいるということを大事にしています。

M.SLASHとは人材を諦めない会社

M.SLASHを100年続く会社にするためにも人材は宝物です。でも現状は美容業界だけではないですが離職者がとても多いんです。さらに少子化の影響もあり、人材を得るのがとても大変で。僕も若いときに辞めたいと思ったことは何度もありましたが、M.SLASHは諦めないんですよ。上司や先輩にずっと支えられてきて今の僕があります。僕は今後、講師を務める美容学校を中心に、M.SLASHの教育を広めていきたい。M.D.F. BEAUTY COLLEGEを卒業した人材が、M.SLASH以外に入社したときに、M.SLASHの教育ってすごいねって思ってもらいたい。結果、美容業界がますます発展していけばいいなと思います。


取材・文 太田 青里  撮影 瀬尾 直道