Board member 河原 晴樹

M.SLASH ボーダーメンバー 河原晴樹1
mslash border member interview

カリスマ的な魅力を持ち圧倒的な技術力を誇る河原さんは、M.SLASH創業時からスタッフの教育を担当、今や海外でも講演を行っている。人に出会えることが何よりも楽しいという彼に、M.SLASHのこれからを聞いてみた。

Evangelist
河原 晴樹 ー Haruki Kawahara
出身校:住田美容専門学校

それぞれが成長することで得られるもの

人が成長し、大きくなっていくときに調子に乗るときあるじゃないですか。これ、僕はとても良いことだと思っています。人が調子に乗っているときはすごくハイテンションで、思い切った一歩を出せるんです。平常心のときでは想像もつかないような。このときに自分の中の価値観や基準が変わるんです。成功もあるけど、失敗もする。要は、伸びた鼻というのは勝手に折れるので、どんどん羽を伸ばしてやりたいことを勝手にやって失敗していけと思っています。
今のM.SLASHは色々な得意技を持っている人が沢山いるから、ただ、色を一つにするだけでなく、個性を伸ばしながら、それが結果的に会社の色になればいいと思っています。

M.SLASH ボーダーメンバー 河原晴樹2

M.SLASHを通してみるヴィジョン

美容業界の人にはもちろん、業界以外の人たちに、我が社を見て言って欲しい言葉があるんです。「M.SLASHって次から次に色々な人が出てくるよね」と。ワントップでサロンや会社を表現するのは一つのやり方だと思いますが、基本的に社内には色々な人がいる。人それぞれ個性があって、強みがあると思うんです。その強みを持つ人間が内部だけでなく、美容業界や業界以外にも通用するようになる。そんな流れを作るのが僕の目標としているヴィジョンなんです。最近ではお陰さまで色々な人が出てきていますねって言葉もちらほらいただけています。2cmくらいは近づけたかなと体感しています。

M.SLASH ボーダーメンバー 河原晴樹3

取材・文 太田 青里  撮影 瀬尾 直道