Board member 市毛 真利子

市毛 真利子1

教育チームに入ってから3年目という市毛真利子さん。M.SLASHとは、自分を成長させてくれる場所であり、色々なチャンスを与えてくれるところと話してくれた彼女の、教育に対する思いや今後の目標について聞いてみた。

教育チーム leader
市毛 真利子 ー Mariko Ichige
出身校:住田美容専門学校

教えることの難しさを痛感

現在は、基本的には1年生の技術の教育をメインに行っています。教育チームへは、先輩から声をかけてもらって入りました。最初は自分が教えるという立場より、まだまだ教えてもらわないといけないのにと悩みましたね。でもせっかくきっかけをもらったので、わからないところだらけでしたけどまずはやってみようと飛び込んでみました。自分のときは細かく教えてもらうことが少なかったんですが、今は細かく教えますし、褒めることや相手が喜んでくれるような、自分が成長したなって感じられるような教育をするように心がけています。教えるからには自分もできなくてはいけないし、背中を見せないといけないなと日々感じています。何かに挑戦して結果を出しているところを見せられるのが一番いいのですが、中々うまくいかなくて。でもやってみないと始まらないですし、自分がまず行動している姿を見せたいです。その姿を見た後輩たちが私もやってみよう、勇気を出そうって思ってもらえたら嬉しいですね。

市毛 真利子2

M.SLASHに入って良かったと思ってもらいたい

今後は、M.SLASHにずっといたいと思ってもらえるような教育をしていきたいと思っています。私は辞めたいと思ったことがないので、辞めたいと言う人の気持ちがわからないときがあって。なんでだろうって。なので、辞めたいと思わない、美容自体がすごく好きでM.SLASHに入社して良かったって思ってもらえるように尽力したいと思います。

市毛 真利子3

取材・文 太田 青里  撮影 瀬尾 直道