経営者コラム

24

4月
2020

大いなる意志について

On 24, 4月 2020 | In 経営者コラム | By M.SLASH

人間は、どこに生まれ、どこで命を終えるのか。
自分の意志では決められない。
病気、障害、性格、男女、背の高さ、得意不得意も
自分の意志とは、無関係だ。
であるなら、何故このような違いがあるのか。

宇宙、地球、自然界にある法則性、
秩序は必要、必然となるべくして、
成立していることを考えると、
ひとり一人の違いも、人間に生まれた意味も
大いなる意志にもとづいているように思える。

動物も、植物もそれぞれの個体種は、
それぞれの食物連鎖や大きな循環のひとつとして、
役割を担って自然環境が成立している。
人間だけが別格で自由にコントロールして良いと思うのは
思い上がっている?
動植物も、人間も、それぞれの個体は、役割を認識することはないし
大いなる意志が、働いているのかどうかさえわからない。
しかし、わずか2000年の人間の歴史を見ても、
マクロで見れば、社会は成長発展の軌跡を辿っている。
それも、大いなる意志の働きではないか。

とすると、人間の役割とは何か、自分の役割とは何か。
この時代に生まれた意味は何か。
自分の特徴をどう活かすことが良いのか。
この親の元に生まれた意味は、この職業に就いた意味は、
今の立場、今の責任、今の役割は、
自分の選択と思っているけれども、
大いなる意志の働きの中で、試されているだけなのではないか。

大いなる意志は、天の理、自然の摂理。
そうした意志に沿うことが、ほんとうの他力本願。
大いなる意思に沿うことが、風を背に受るがごとく。
大いなる意志に逆らうことは、川の流れに逆うがごとく。
大いなる意志を汲み取ることを、求められているのではないだろうか。