代表者あいさつ

M.SLASH創業者 岸井 貞志

M.SLASHは創業して32年目になります。
おかげさまで、誇れる仲間に支えられ歩んでこれました。
今まで、ずっと美容の仕事に誇りをもつことと楽しむことを
大事にしてきました。

ただ、
仕事を楽しむには条件があると思っています。
それは、自分が主体的にコントロールできることだと思います。
自由度といってもいいでしょう。
しかし、相手があることなので自分に都合よくとばかりは行きません。
時間、内容、やり方、料金を選ぶ自由は、依頼してくれる方が私を選んでくれなければ
そもそも仕事が成立しません。
仕事をコントロールする自由を持つには、まず自分が選ばれなければいけません。

では選ばれるためにどうするか?
それは、相手の心の中に信頼の貯金を積み上げるしかありません。
自分でなければならない理由です。
美容の意識の高いお客様を担当したい、そう思っても
実力のない私を選んでもらえる理由がありません。
飛び抜けた魅力、実力を持てばよいのですが
そういう卓越を実証させるには、
時間 労力、お金を自分に投資して、自分自身の価値を上げていき、
相手が私に信頼を持ってもらえるように相手の信頼の貯金をどんどん積み上げていくことが
第一のステップだと思います。仕事を楽しむためのコストとも言えます。

結婚相手を選ぶには、まず相手に選んでもらえるのが大前提であるのと同じですね。
信頼の貯金に支払うコストと自由度はおおむね比例すると思います。
コストを惜しんで楽しみも抑えるか。
コストを惜しまず楽しみを増幅させるかは、自身の選択です。
「仕事を楽しもうよ 」は多くの人はそれには賛同しても、
コストを支払う覚悟は人それぞれです。
共に仕事を楽しめる仲間をつくろうとすれば、信頼の貯金の意味がわかって
それを実践してくれそうな人を集めないとなりません。

自分たちらしさを極めるって終わりがないですよね。
進めば進むほどにまた課題が見えてきてわからないことやできてないことに直面します。
探求を続けるって面白いと思うんです。
その先に何があるのか何が見えるのか確かめてみたい。
楽しむと言うのは受け身ではなく主体的な行動の中にあるものだと思います。

環境や状況は常に一定ではありませんし、
風を読む人、地図が分かる人、アイディアを出す人、ものを作る人、
いろいろな人の助けが必要です。
楽しみながら探求し続けていくのに旅の道連れが欲しいのです。

わたしたちは今、美容と言う産業に足場を置いていますが
この業(なりわい)に誇りを持ちたいのです。

M.SLASHは創業して32年目になります。
おかげさまで、誇れる仲間に支えられ歩んでこれました。
今まで、ずっと美容の仕事に誇りをもつことと楽しむことを
大事にしてきました。

ただ、
仕事を楽しむには条件があると思っています。
それは、自分が主体的にコントロールできることだと思います。
自由度といってもいいでしょう。
しかし、相手があることなので自分に都合よくとばかりは行きません。
時間、内容、やり方、料金を選ぶ自由は、依頼してくれる方が私を選んでくれなければ
そもそも仕事が成立しません。
仕事をコントロールする自由を持つには、まず自分が選ばれなければいけません。

では選ばれるためにどうするか?
それは、相手の心の中に信頼の貯金を積み上げるしかありません。
自分でなければならない理由です。
美容の意識の高いお客様を担当したい、そう思っても
実力のない私を選んでもらえる理由がありません。
飛び抜けた魅力、実力を持てばよいのですが
そういう卓越を実証させるには、
時間 労力、お金を自分に投資して、自分自身の価値を上げていき、
相手が私に信頼を持ってもらえるように相手の信頼の貯金をどんどん積み上げていくことが
第一のステップだと思います。仕事を楽しむためのコストとも言えます。

結婚相手を選ぶには、まず相手に選んでもらえるのが大前提であるのと同じですね。
信頼の貯金に支払うコストと自由度はおおむね比例すると思います。
コストを惜しんで楽しみも抑えるか。
コストを惜しまず楽しみを増幅させるかは、自身の選択です。
「仕事を楽しもうよ 」は多くの人はそれには賛同しても、
コストを支払う覚悟は人それぞれです。
共に仕事を楽しめる仲間をつくろうとすれば、信頼の貯金の意味がわかって
それを実践してくれそうな人を集めないとなりません。

自分たちらしさを極めるって終わりがないですよね。
進めば進むほどにまた課題が見えてきてわからないことやできてないことに直面します。
探求を続けるって面白いと思うんです。
その先に何があるのか何が見えるのか確かめてみたい。
楽しむと言うのは受け身ではなく主体的な行動の中にあるものだと思います。

環境や状況は常に一定ではありませんし、
風を読む人、地図が分かる人、アイディアを出す人、ものを作る人、
いろいろな人の助けが必要です。
楽しみながら探求し続けていくのに旅の道連れが欲しいのです。

わたしたちは今、美容と言う産業に足場を置いていますが
この業(なりわい)に誇りを持ちたいのです。

M.SLASHは創業して32年目になります。
おかげさまで、誇れる仲間に支えられ歩んでこれました。今まで、ずっと美容の仕事に誇りをもつことと楽しむことを大事にしてきました。

ただ、
仕事を楽しむには条件があると思っています。
それは、自分が主体的にコントロールできることだと思います。自由度といってもいいでしょう。しかし、相手があることなので自分に都合よくとばかりは行きません。時間、内容、やり方、料金を選ぶ自由は、依頼してくれる方が私を選んでくれなければ、そもそも仕事が成立しません。仕事をコントロールする自由を持つには、まず自分が選ばれなければいけません。

では選ばれるためにどうするか?
それは、相手の心の中に信頼の貯金を積み上げるしかありません。自分でなければならない理由です。美容の意識の高いお客様を担当したい、そう思っても実力のない私を選んでもらえる理由がありません。
飛び抜けた魅力、実力を持てばよいのですが、そういう卓越を実証させるには、時間 労力、お金を自分に投資して、自分自身の価値を上げていき、相手が私に信頼を持ってもらえるように相手の信頼の貯金をどんどん積み上げていくことが、第一のステップだと思います。
仕事を楽しむためのコストとも言えます。

結婚相手を選ぶには、まず相手に選んでもらえるのが大前提であるのと同じですね。信頼の貯金に支払うコストと自由度はおおむね比例すると思います。コストを惜しんで楽しみも抑えるか。コストを惜しまず楽しみを増幅させるかは、自身の選択です。「仕事を楽しもうよ 」は多くの人はそれには賛同しても、コストを支払う覚悟は人それぞれです。共に仕事を楽しめる仲間をつくろうとすれば、信頼の貯金の意味がわかって、それを実践してくれそうな人を集めないとなりません。

自分たちらしさを極めるって終わりがないですよね。
進めば進むほどにまた課題が見えてきてわからないことやできてないことに直面します。探求を続けるって面白いと思うんです。その先に何があるのか何が見えるのか確かめてみたい。楽しむと言うのは受け身ではなく主体的な行動の中にあるものだと思います。

環境や状況は常に一定ではありませんし、風を読む人、地図が分かる人、アイディアを出す人、ものを作る人、
いろいろな人の助けが必要です。楽しみながら探求し続けていくのに旅の道連れが欲しいのです。

わたしたちは今、美容と言う産業に足場を置いていますが、この業(なりわい)に誇りを持ちたいのです。

(2019年3月)

→企業概要  →沿革