経営者コラム

26

10月
2019

反省

On 26, 10月 2019 | In 経営者コラム | By Kuwahara

社員に向けて、お客様に向け、
非常時対応のメッセージを出さず、混乱と不安を招いてしまったことにお詫びします。
ホームページのトップ画面に表示するシステムに時間がかかること。

個別のサロンページまで開けばそこへの表示は可能ではあったがわかりにくさの懸念。
店によっては、電車を利用するスタッフの割合もまちまちであったり、
当日結婚式出席のお客様がいたり、
全店一律にすることの弊害もあり、
お客様の都合と社員の安全を秤にかけ
各店リーダーにとっては難しい状況判断と決断を迫られました。
上場を目指す会社としてどうなのか?という声も聞こえてきました。

株式上場は、3年の準備の期間を経て最終審査で4割落とされます。
落とされる理由の大半は売上と利益の未達です。
コンプライアンスも社会性も問われ、
優秀な人材が伴っているかどうかも、分かれ目です。
毎年、300社以上の会社が上場を目指すなか、3年後に2~3割しか上場まで漕ぎ着けないという難易度です。

災害もふくめ、さまざまなハードルが待ち受けているでしょう。
ちから及ばず翌年、再挑戦もあれば、あきらめて敗退する会社の方が多い現実。
敗退の可能性があるから挑戦なわけで、
難しい局面があっても、
ミスや勘違いがあっても、
それを力に変える、意志とチームワークで乗り越えられると信じています。
美容業は何より人の力によるものが大きく。 
人を輝かせ、チームの性能を上げるのは、われわれリーダー次第です。
間違いを起こさないリーダーではなく、間違っても次に活かせ更新できるリーダーが必要です。
生まれながらのリーダーはいません。
多くの間違いと、少しの成功体験ら学習してゆくのです。
ルールや指示に従っていればとか、法律や慣例に価値判断を委ねてしてしまうようでは、
リーダーなんて要らないし発展は望めません。

安全、確実なものだったら、挑戦でもなんでもありません。
上場はチームmslash の挑戦です。
「未知なところへ無知なわたしが行く」人の集まりです。
間違いや、勘違いだらけの人間が、人があまり通らない険しいところにルートを探すわけですから、
思わぬトラブルも、怪我も涙もあるかもしれません。
でも、自分たちを磨いてくれるチャンスととらえ進んで行こうと思います。

なお、臨時休業による、その日の扱いは、
有給休暇には当てず、振替出勤にはせず、
出勤と同じ扱いとします。
台風による、
土日、全店の二日間合わせた売り上げのマイナスは、先週比で
ほぼ1000万円という金額でした。
ひどい暴風雨で家に帰れなかった人、申し訳なかったです。
ありがとうございました。