経営者コラム

07

12月
2019

仮面のうちがわ

On 07, 12月 2019 | In 経営者コラム | By Kuwahara

30年先は、生きてないですよ。
生きてたとしても使いものにならないでしょ。

その時に、有能な人が集まってないと経営者を選べないから、
他の会社と提携したり、
M&Aとかでグループ化していく必要がある。
40歳越えても切磋琢磨される環境でないと人間、磨かれない。
揉まれた経験、修羅場を経験したり、
挫折とかね葛藤のなかで決断を迫られたとか、
危機をくぐり抜けた経験は、
そうそう出来るものじゃない。
そんな経験が人間を磨き上げるんだ。
チャレンジングな人は自ら、
負荷をかけたり、高い目標立てて立ち向かっていくけど、
たいがいは、守りに入っちゃう。
そうするともう、
ぬくぬくした状態から抜け出せなくなっちゃう。
それ普通です。
普通の人じゃ、経営者はムリです。

Mslash の株式上場を計画してる2022年秋に前後して、
美容業界は他に2〜3社が上場に動いている。
まとまりが大きくなって影響力が大きくなるのは良いことで。
何故なら、
零細がほとんどの業界だから 。
石をなげても小さすぎるんだ。
相手にされないの。

理美容教育センター、美容学校、組合に国家資格にまつわるところを
みんな古い団体に牛耳られてる。
寄らば大樹で、古い権力権威にすり寄りたい国民性というか
メンタリティーだから、変えるべきところを変えられない。
高校生が就職する時の就職協定もそうだ。
いつ決まったこと?ってきいたら70年前とかいう。
学校教育制度も中身も、美容業界も
時代に合わないことがまかり通っていて、
それが活性化を妨げ
新陳代謝を遅らせている。
そもそもなんで、美容は厚労省管轄?
保健所がクリーニング屋とお風呂屋と
美容院が同じ括りで管理指導されなきゃならない?
せめて経済産業省だろ? とか
零細が多すぎるから、
生産性も上がらず給料も上がらない。
職業別収入ランキングでは
美容師は最下位レベルをウロウロしてる。

ちなみにM.SLASHは、
時価総額100万円じゃなくて、2027年には100億円にするつもりでございます。

時に親という仮面をかぶり、
時に子どもになり、
時に部下、時に上司、
時に店長とか男とか女とか
美容師とか。 

自分の振る舞いとかはに立場や肩書きで言ってたり、
(立場)仮面という
前提があってたぶん言ってる。

実は自分が演じているのはその時どきの仮面なんだと。
とすれば、
本当の自分ってなんなんだ?ということになる。
仮面が自分って思い込んじゃったりするし
仮面は、自分のアイデンティティだったり。
自分は何者か?の答えになってるものだから
仮面が拠り所だったりする。
そこは勝負けや面子だとか
責任だとか損得とか序列に支配されていて。
それはそれで立派に仮面を演じきれればスゴイことなんだけど。

意識の下にある領域が本質で、
魂というのか本能的領域、DNAというのか良心というの分からないけれど、
そこと行ったり来たりができれば
たぶん演じることもなく自然体で力をぬいて、
恐れることもなく
パフォーマンスを最高に発揮できるんだろうと思う。
自然と一体になってであれば、運が味方してくれる。
というか、自然そのものに
なるとでもいうかね。