pressのブログ

21

4月
2021

by

【聖マリアンナ医科大学病院】美容師3名が洗髪をレクチャー

On 21, 4月 2021 | In news | By press

4月20(火) 聖マリアンナ医科大学病院で看護師さんに向けて洗髪のレクチャーをさせていただきました!

伺わさせていただいたスタイリストは、FIEL店石井貴行・Maison des M.SLASHの山口友香・SOL店の清水太郎です。

 

今回、サロンに足を運んでいただいてるお客様の中で聖マリアンナ医科大学病院に勤務されている方がおり、その方からお声がけいただいたことで、実現しました。

 

看護技術として実施される洗髪は、髪や頭皮に付着している汚れを除去し、痒みや悪臭を除去するとともに、

頭皮の血行促進や身だしなみを整えるなどの目的で行われるとのことです!

 

一方で、美容師が行う洗髪は、汚れを落とすことに加え、癒しや満足感を感じてもらうことも目的に行います。

 

病院という美容室とは異なる環境の中で、

看護師さんが洗髪時に使用する道具(洗髪車・ケリーパッド)を用いて、看護師さんをモデルとし、レクチャーさせていただきました♪

 

看護師の小原さんは、新たな洗髪方法を、通常のやり方に上手く組み入れて、

今年の7月にある学会で発表し、新たな方法を確立したいとおっしゃっていました。

 

患者さんが洗髪を通して、精神的に満足感を少しでもより感じていただけるようになれば、とても嬉しいです。

このような貴重な機会をいただき、ありがとうございました☆彡

【今回の機会を通して】
・石井貴行
看護師のシャンプーと美容師のシャンプーは身だしなみを整えたり清潔に保つといったり共通する部分が多いですが
病院の場合は対象が自分から望んで足を運んでくださる方では無いということが多く
シャンプー以外の看護内容の方が重視されているのかと思います。
そんな中でも課題があり、向上したいと思える看護師さんはとてもステキでした。
今回の機会を通して、役立って喜んでもらえる人が増えればと思います。

・清水太郎
看護師の方からシャンプーにかける想いについてお伺いした際 その熱量に刺激を受けました。
患者様に対して、頭髪の汚れを取るだけではなくリラックスや身だしなみについてまで考え、それは美容師がお客様に対して描く想いと、重なるところも多くあったと思います。
我々美容師も看護師の方々から学ぶ点が多く、充実した時間にできました。

【意見交換時の様子】

【洗髪車】

【ケリーパッド】